DVY買ってみました!(2019年8月)

米国ETF

皆さま、おはようございます。本日3度目のにゃんこです。
さて、最近ちょっと手持ちのドルに余裕があったので、米国ETFのDVYを購入してみました。
DVYを選択したのは、「以前購入した時よりも価格が下がっていたから」という根拠薄弱な理由です。(笑)

米国ETF(特定口座)の投資方針

特定口座での米国ETF(BDCを含む)の投資方針は以下の通りです。

高配当ETF(DVYDHS)・増配ETF(SDYVIG)・優先株ETF(PFF)・リートETF(IYRRWRXLRE)・その他の配当系ETF(DGRW)・MLPのETF(ZMLP)・BDC(ARCCPSECMAIN)を購入
アメリカドルが余ったタイミングで適当に購入する(笑)

DVYは2回目の購入になります。

購入結果

今回の購入結果は、

口座種別:特定口座
数量:5口
約定価格:$96.95
手数料(税込み):$2.35

でした。
SBI証券・楽天証券・マネックス証券が、揃って米国株式の最低取引手数料$5(税抜き)を撤廃してくれたので、少ない金額でも気楽に投資できるようになりました。

利回りなど

さて、DVYの直近の分配額は$0.882296です。
この金額を使って、今回の購入金額(手数料抜き)に対する利回りを計算してみたいと思います。
0.882296×4÷96.95=3.64%
まぁまぁって感じの利回りですね。
ここで、DVYの分配金の推移を確認したいと思います。

全体的な傾向としては、やや右肩上がりでしょうか?
なお、DVYの詳細は以下のホームページをご覧ください。

ポートフォリオ

最後に、米国ETF(BDCを含む)のポートフォリオを取得金額の比率で確認してみます。

VYMとHDVの割合が若干ですが、下がりつつあります。

[template id=”1219″]