BND・AGG・SPABから分配金来ました!(2020年11月分)

米国ETF

皆さま、こんにちは。にゃんこです。
さて、債券に投資する米国ETFであるBND・AGG・SPABを先月試しに買ってみましたが、早速11月分の分配金が入金されました。
ほぼ同時に入金されていたので、まとめてご報告いたします。

分配金(BND・特定口座)

最初はBNDについてです。
口座種別:特定口座
数量:2口
分配金(税引き後):$0.24

さて、いつも通り「今回の手取りの分配金の投資額に対する利回り」を計算してみます。
0.24×12÷176.52=1.63%
うーん、利回りは悪いですね。
BNDは毎月分配金をくれるので、12倍しています。

分配金の推移(BND)

ここで、BNDの分配金の推移を確認したいと思います。

今回は、ほんのちょっとだけ分配金が増えたようです。

なお、BNDの詳細は以下のホームページをご覧ください。

分配金(AGG・特定口座)

次はAGGについてです。
口座種別:特定口座
数量:2口
分配金(税引き後):$0.30

さて、こちらも「今回の手取りの分配金の投資額に対する利回り」を計算してみます。
0.30×12÷236.45=1.52%
こちらはさらに利回りは悪いですね。
BNDと同様に、AGGも毎月分配金をくれるので、12倍しています。

分配金の推移(AGG)

ここで、AGGの分配金の推移を確認したいと思います。

AGGは、前回よりの分配金が減ったようです。

なお、AGGの詳細は以下のホームページをご覧ください。

分配金(SPAB・特定口座)

最後はSPABについてです。
口座種別:特定口座
数量:7口
分配金(税引き後):$0.32

さて、SPABについても「今回の手取りの分配金の投資額に対する利回り」を計算してみます。
0.32×12÷215.53=1.78%
利回り自体は良くないですが、3つの中では1番高い利回りとなっているようです。
SPABも毎月分配金をくれるので、12倍しています。

分配金の推移(SPAB)

ここで、SPABの分配金の推移を確認したいと思います。

右肩下がりの傾向が下げ止まりませんね。

なお、SPABの詳細は以下のホームページをご覧ください。

分配金・配当金の合計

最後に、前回のPFF(SBI証券分)までの分配金・配当金と合わせて、今年の米国ETFの分配金の合計(BDCの配当金を含む)は$1,169.43(手取り)となりました!
ちなみに、前回のPFF(SBI証券分)の分配金についてはこちら。↓


※本ブログに記載されている内容はあくまで個人の感想です。
※本ブログは特定の銘柄や投資対象を推奨するものではありません。また、特定の証券会社等
を推奨するものでもありません。
※内容の正確性には十分注意していますが、完全に正確であることを保証するものではありません。また、内容は執筆時点の情報に基づいています。
※投資は自己責任でお願いします。
※写真はイメージです。本文とは関係ありません。