ARCC・PSEC・MAIN買いました!(2020年2月)

米国ETF

皆さま、こんばんは。にゃんこです。
さて、BDCに投資するETFが日本では買えないようなので、その代わりに有名どころのBDCであるARCC・PSEC・MAINをちょっとずつ所有していますが、今回追加でこの3銘柄を購入してみました。

米国ETF(特定口座)の投資方針

特定口座での米国ETF(BDCを含む)の投資方針は以下の通りです。

高配当ETF(DVYDHS)・増配ETF(SDYVIG)・優先株ETF(PFFPFFD)・リートETF(IYRRWRXLRE)・その他の配当系ETF(DGRW)・MLPのETF(ZMLP)・BDC(ARCCPSECMAIN)を購入
アメリカドルが余ったタイミングで適当に購入する(笑)

今回もドルに余裕が出たタイミングで購入しました。

購入結果

ARCCの購入結果は、

口座種別:特定口座
数量:10株
約定価格:$19.00
手数料(税込み):$0.93

でした。
ARCCはこれで合計26株になりました。

続いて、PSECの購入結果は、

口座種別:特定口座
数量:30株
約定価格:$6.52
手数料(税込み):$0.96

でした。
PSECはこれで合計74株になりました。

最後に、MAINの購入結果は、

口座種別:特定口座
数量:4株
約定価格:$44.80
手数料(税込み):$0.88

でした。
MAINはこれで合計11株になりました。

利回りなど

さて、ARCCの次回の配当は$0.40の予定です。
この金額を使って、今回の約定価格(手数料抜き)に対する利回りを計算してみたいと思います。
0.40×4÷19.00=8.42%
昨年は、Quarterlyが$0.40、Specialとして$0.02を年4回出していたようですが、今年については3月分のQuarterlyしか情報が出ていません。
今年もSpecialをくれるといいのですが…

続いて、PSECですが、今年の5月まで$0.06の配当が続く予定です。
この金額を使って、今回の約定価格(手数料抜き)に対する利回りを計算してみたいと思います。
0.06×12÷6.52=11.04%
PSECは毎月配当をくれるので、12倍して計算しています。
ここまで利回りが高いと、なんか心配になりますね…
大丈夫かな?

最後に、MAINですが、今年の3月まで$0.205の配当が続く予定です。
この金額を使って、今回の約定価格(手数料抜き)に対する利回りを計算してみたいと思います。
0.205×14÷44.80=6.41%
なお、MAINは毎月の配当に加えて6月と12月には追加で配当をくれるようなので、14倍して計算しています。

なお、ARCC・PSEC・MAINの詳細は、それぞれ以下のホームページをご覧ください。

ポートフォリオ

最後に、米国ETF(BDCを含む)のポートフォリオを取得金額の比率で確認してみます。

[template id=”1219″]