三井物産から配当きました!(2020年3月決算分)

日本株

皆さま、こんばんは。にゃんこです。
さて、配当入金シーズンを迎えていますが、記事の更新が遅れ気味です…、すみません…
とりあえず、三井物産からの配当についてです。

配当金(NISA口座)

口座種別:NISA口座
数量:100株
配当金:¥4,000

さて「今回の配当金の手取りが、投資金額に対してどのくらいの利回りになるのか?」を計算してみます。
4,000×2÷153,700=5.20%
今回の期末配当は中間配当と同額だったようです。
NISA口座で税金がないため、なかなか良い利回りになっています。

配当金(特定口座)

口座種別:特定口座
数量:200株
配当金(税引き後):¥6,375

さて「今回の配当金の手取りが、投資金額に対してどのくらいの利回りになるのか?」を計算してみます。
6,375×2÷373,626=3.41%
これでも十分な利回りですが、やっぱり税金の影響は大きいですね。

配当金の推移

ここで、三井物産の配当金の推移を確認したいと思います。

2021年3月期については予想です。
とりあえず減配は避けてくれるようですね。
ただ、2021年3月期の配当性向が75%を超える予想なので(2020年3月期は35%程度)、大きな減益を見込んでいるようです。

なお、三井物産の詳細は以下のホームページをご覧ください。

配当金の合計

最後に、前回の伊藤忠商事までの配当金と合わせて、今年受け取った日本株(ETFを含む)の配当金の手取りの合計は¥131,364になりました!
ちなみに、前回の伊藤忠商事の配当についてはこちら。↓

[template id=”1219″]