MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)買いました!(2020年11月)

J-REIT

皆さま、こんにちは。にゃんこです。
さて、毎月購入している”MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)”を今回も購入してみました。

JーREIT(ETF)の投資対象(暫定)

現時点での暫定的な投資対象は以下の通りです。

MAXIS高利回りJリート上場投信(1660):高利回りと言えばこれ。
NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343):有名な指数という安心感。流動性が高い。経費率も低い。

今回は、MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)を購入しました。

購入結果

購入結果は、

口座種別:特定口座
数量:4口
約定価格:¥9,220

でした。
手数料は無料です。
これでMAXIS高利回りJリート上場投信(1660)は、合計86口になりました。

利回りなど

さて、MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)の直近の分配金は¥116です。
この金額を使って、約定価格で考えた分配利回りを計算してみると、
116×4÷9,220=5.03%
です。
なかなか良い利回りですね。

ここで、MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)の分配金の推移を確認したいと思います。

なお、MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)の詳細は以下のホームページをご覧ください。

ポートフォリオ

次に、J-REIT(ETFを含む)のポートフォリオを取得金額の比率で確認してみたいところなのですが…
本ブログでは、グラフの描画にVisualizerというプラグインを使用しています。
このプラグインなのですが、新規のグラフ作成が上手くできなくなりました。
過去に作成したグラフは上手く表示されているのですが…
プラグイン自体の不具合なのか、他のプラグイン等と相性が悪いのか、ちょっと現時点では原因不明です。
申し訳なのですが、問題が解決するまで、新規のグラフは無しで進めさせていただきます。

上記の問題ですが、暫定的な対応策が見つかりました。
現象としては、日本語を含むCSVファイルを使用するとグラフの新規作成が出来ないようです。(ファイル名のみに日本語を含む場合は、問題ないようです。)
Visualizerプラグインを最新版に更新したのが、原因のようです。
そこで、暫定的な対応策として、Visualizerのバージョンを1つ前のものに戻しました。
根本的な解決にはなっていませんが、最新バージョンが更新されるまでこのままにしたいと思います。

上記の問題ですが、Visualizerのさらに新しいバージョンが公開されたので使用してみたところ、問題が解消されていました!

ということで、J-REIT(ETFを含む)のポートフォリオを取得金額の比率で確認したものです。↓

決算月

最後に、J-REITの決算月をまとめておきたいと思います。

銘柄
1  イオンリート、ケネディクスレジデンシャル、サムティレジデンシャル、いちごホテルリート、スターアジア、MAXIS高利回りJリート上場投信
2  ヒューリックリート、Oneリート、タカラレーベン不動産、東証REIT指数ETF
3  森トラスト総合リート、大和証券リビング
4  投資法人みらい、プレミア、いちごオフィスリート、インベスコ・オフィス・ジェイリート、トーセイ・リート、MAXIS高利回りJリート上場投信
5  阪急阪神リート、東証REIT指数ETF
6  インヴィンシブル
7  イオンリート、ケネディクスレジデンシャル、サムティレジデンシャル、いちごホテルリート、スターアジア、MAXIS高利回りJリート上場投信
8  ヒューリックリート、Oneリート、タカラレーベン不動産、東証REIT指数ETF
9  森トラスト総合リート、大和証券リビング
10  投資法人みらい、プレミア、いちごオフィスリート、インベスコ・オフィス・ジェイリート、トーセイ・リート、MAXIS高利回りJリート上場投信
11  阪急阪神リート、東証REIT指数ETF
12  インヴィンシブル、ジャパンホテルリート

※本ブログに記載されている内容はあくまで個人の感想です。
※本ブログは特定の銘柄や投資対象を推奨するものではありません。また、特定の証券会社等
を推奨するものでもありません。
※内容の正確性には十分注意していますが、完全に正確であることを保証するものではありません。また、内容は執筆時点の情報に基づいています。
※投資は自己責任でお願いします。
※写真はイメージです。本文とは関係ありません。