東証REIT指数ETF(1343)買ってみました!(2020年3月)

J-REIT

皆さま、こんにちは。にゃんこです。
世界的に株が暴落って感じになってますね…
この状況に直面して「せっかくだから普段買わないようなものを買ってみよう!」という余計なことを思いついてしまいました。(笑)
まず、誰もが考えると思われる「相場全体に引きずられて大きく値下がりしているけど、新型コロナウイルスの騒動が収まったら値を戻す可能性の高い優良株に投資する」ということを考えました。
ただし、この戦略には大きな問題が…
凡人の私には、どれがそのような優良株なのか分からない!!!
仕方がないので、代表的な指数に連動するETFを買うことにしました。
理由は「代表的な指数なら優良株も含まれているんじゃないかな?」という全く適当なものです。(笑)
今回は、東証REIT指数に連動する”NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(東証REIT指数ETF、1343)”を買ってみました。
東証REIT指数に連動するETFはいくつかありますが、その中で1343を選んだ理由は、時価総額が比較的大きかったからです。

購入結果

購入結果は、

口座種別:特定口座
数量:50口
約定価格:¥1,328

でした。
手数料は無料です。

利回りなど

さて、東証REIT指数ETFの直近の分配金は1口あたりで¥19.2です。
この金額を使って、約定価格で考えた分配利回りを計算してみると、
19.2×4÷1,328=5.78%
です。
暴落のおかげか、ETFにしては高利回りですね。
なお、東証REIT指数ETFは年4回の分配金があるので4倍して計算しています。

ここで、東証REIT指数ETFの分配金の推移を確認したいと思います。

上記のグラフは100口あたりの分配金です。

なお、東証REIT指数ETFの詳細は以下のホームページをご覧ください。

ポートフォリオ

次に、J-REIT(ETFを含む)のポートフォリオを取得金額の比率で確認してみます。

決算月

最後に、J-REITの決算月をまとめておきたいと思います。

銘柄
1  イオンリート、ケネディクスレジデンシャル、サムティレジデンシャル、いちごホテルリート、スターアジア、MAXIS高利回りJリート上場投信
2  ヒューリックリート、Oneリート、タカラレーベン不動産、東証REIT指数ETF
3  森トラスト総合リート、日本賃貸住宅
4  投資法人みらい、プレミア、いちごオフィスリート、インベスコ・オフィス・ジェイリート、トーセイ・リート、MAXIS高利回りJリート上場投信
5  阪急阪神リート、東証REIT指数ETF
6  インヴィンシブル、さくら総合リート
7  イオンリート、ケネディクスレジデンシャル、サムティレジデンシャル、いちごホテルリート、スターアジア、MAXIS高利回りJリート上場投信
8  ヒューリックリート、Oneリート、タカラレーベン不動産、東証REIT指数ETF
9  森トラスト総合リート、日本賃貸住宅
10  投資法人みらい、プレミア、いちごオフィスリート、インベスコ・オフィス・ジェイリート、トーセイ・リート、MAXIS高利回りJリート上場投信
11  阪急阪神リート、東証REIT指数ETF
12  インヴィンシブル、さくら総合リート、ジャパンホテルリート

狙った訳ではありませんが、5月と11月は阪急阪神リートしかなかったので、東証REIT指数ETFが追加されてちょっと嬉しいです。

[template id=”1219″]