楽天スーパーポイントで投信買ってみました!

投資

皆さま、おはようございます。にゃんこです。
楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入してみました!

ポイントって、ちょこちょこ貯まりますよね

今の世の中は、いろいろなポイントサービスがありますよねー
把握しきれないくらいの種類が存在すると思います。
積極的に貯めている人も、なんとなく貯めている人もいると思いますが、多くの人が何かしらのポイントサービスを利用しているのではないでしょうか。
私は積極的に貯める派ではないのですが、それでもメジャーどころの

  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • Pontaポイント

の3つは、ちょこちょこと貯まります。(少額ですが)
今までは、貯まったポイントは買い物などに利用していたのですが、今回はちょっと違う使い方をしてみました。

ポイントで投信が買える(楽天証券)

従来からメインで使っていたSBI証券に加えて、最近は楽天証券も併用しています。
そんなわけで、楽天証券のホームページをよく見るようになったのですが、

「おや、楽天スーパーポイントで投信が買えるって書いてある!」

そういえば、そんなニュースを以前読んだような気がするようなしないような…
その時は楽天証券はあまり使っていなかったのでスルーしてしまいましたが、今はがっつり使っているので興味が湧いてきました。
「でも、ちょっとしかポイント貯まってないしなぁ」と思っていたら、投信は¥100から購入できることに気付きました。
最近は投信を全然購入していなかったので、そんなに少額から買えるようになっているとは知らなかった…
時代の変化についていけてない気分…
気を取り直して、とりあえず試しに購入してみることに。

アカウントの紐づけ

さて、楽天スーパーポイントで投信を購入するためには、楽天証券の口座と楽天のアカウントを紐づける必要があります。
と言っても、楽天証券のホームページから簡単に実行できます、ポチッと。

「なんかエラーみたいなの出てる…(泣)」

どうやら、楽天証券に登録したメアドと楽天市場に登録したメアドが違っているためエラーになっているようです。
「うーん、メアド変更するのめんどくさいなぁ」と思いつつも、仕方がないので楽天市場のメアドを変更することに。
再度紐づけに挑戦すると、あっさり成功!
楽天証券のホームページから投信購入に使えるポイントを確認できるようになりました。

個人的に残念な点

準備が整ったところで、ポイントで投信を買う時の条件などを一通りチェックしてみました。
その中で、個人的に「残念!」と思ったのが、

期間限定ポイントは使えない

というルールです。
まぁ、これは仕方ないのですが、やっぱり残念。

人によっては残念な点

個人的にはあまり関係ないのですが、人によっては残念に感じるかもしれないルールは

積立での購入には使えない
他のポイントから楽天スーパーポイントに交換したポイントは使えない

ですかね。
いろいろと制約はありますが、楽天証券のホームページで確認すると利用可能なポイントだけが表示されるので、混乱はしないと思います。

銘柄選定

いよいよ購入する投信の選定ですが、今回は、

  • ノーロード(コストは安い方がいい)
  • 信託報酬が安い(コストは安い方がいい)
  • 信託財産留保がない(コストは安い方がいい)
  • 償還日が無期限(長期でホールドする予定なので)
  • 海外に投資するもの(国内は株やリートを持っているので)
  • ¥100から購入できるもの(少額のポイントを使うので)

という基準で探して、最終的に”楽天・全米株式インデックス・ファンド”に決めました。
この投信は、アメリカのETFである”VTI”に投資するものです。
VTIはバンガード社のETFで、大雑把に言うと、小型株から大型株まで幅広く投資するものです。もっと大雑把に言うと、アメリカのありとあらゆる株に投資するイメージでしょうか。
非常に人気のあるETFです。

ようやく購入

銘柄も決まったので、1000ポイント分(少なっ)買い注文を出しておいたのですが、先ほど口座を確認したところ無事購入できていました。
購入結果は、

  • 口座種別:特定口座
  • 数量:934口
  • 単価:¥10,711.00
  • 金額:¥1,000
  • 分配金:再投資

でした。
投資する絶対額が少ないため、分配金は受け取らずに再投資するコースを選びました。(配当金や分配金が大好きな私にしては珍しい判断)
今後も、数百ポイントくらいをぼちぼちと購入にまわしてみたいと思います。

[template id=”1219″]