JT、増配予想!

投資

皆さま、こんばんは。にゃんこです。
本日(2019/02/07)、私が保有しているJT(日本たばこ産業)の2018年度決算が発表されました。

現状分析

まず、私が保有しているJT株の現状確認です。

口座種別:特定口座
数量:100株
平均取得単価:¥2,729.7
現在値:¥2,726.5
評価損益:-¥320
評価損益率:-%0.12

若干のマイナスですが、ほぼ買値と同じですね。

決算内容

さて、本日(2019/02/07)に発表された決算内容ですが、売上は前年比3.6%の増加、営業利益も前年比0.7%の増加でした。
個人的には、予想よりも良い結果だと思います。
詳細は以下のJTのホームページをご確認ください。↓

決算発表の中で、特に私が注目したのは、

2019年12月期の予想配当金が154円(4円増配予想)
500億円または23,000,000株を上限とする自社株買い

の2点です。
配当重視で投資をしている私としては、増配は素直に嬉しいです。
また、自社株買いは株価の上昇が期待できるので、ホルダーとしてはこれも嬉しいです。
この通り増配が実施された場合の「投資金額に対する利回り(税込)」を計算してみたいと思います。
154÷2,729.7=5.64%
税金を考慮しても4.5%程度の利回りが期待できるので、これなら満足です。

以下は配当金の推移をグラフ化したものです。(2019年度は予想)

毎年順調に増配していますが、2019年度は少し増加幅が小さくなる予想ですね。
これに関連して、配当性向の推移も確認してみます。(2019年度は予想)

配当性向が右肩上がりで増加していますが、2019年度の予想で約75%なので、そろそろ配当性向を増やすのも厳しくなってくるかもしれません。
そうなると、今後配当を増やすためには、利益を増大させることが必要となってくると思います。
日本国が大株主のため、今後も大幅な減配は考えにくいので、そういう意味では安心感はありますね。

[template id=”1219″]