手数料無料ETFのまとめ(2020年7月版)

投資

皆さま、こんにちは。にゃんこです。
さて、最近はネット証券の手数料無料化&値下げ競争が激化している感じですね。
私は、SBI証券・楽天証券・マネックス証券・auカブコム証券を併用していますが、これらの証券会社でも一部ETFの手数料を無料化または実質無料化しています。
そこで、各証券会社の手数料無料(実質無料)のETFについてまとめてみたいと思います。

SBI証券

国内ETF

SBI証券では104銘柄の国内ETFの現物取引手数料が無料となっています。
”取引手数料”なので、売買共に手数料は無料のはずです。
以前は税込手数料をキャッシュバックする方式でしたが、現在は完全に無料化されているようです。

私が保有している銘柄では、

  • iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF(1478)
  • NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)
  • MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)

が無料の対象となっています。

私の場合は1日に50万円以上の金額を購入することはないので、アクティブプランにしておけばどっちにしろ無料なのですが。

米国ETF

さらに、SBI証券では9銘柄の米国ETFの買付手数料が無料化されています。
”買付手数料”ですので、売却時には通常の手数料がかかるはずです。
こちらは、税込手数料のキャッシュバック方式なので、厳密に言えば実質無料ということになるでしょう。

私が保有している銘柄では、

  • VOO
  • DHS
  • DGRW

が対象銘柄となっています。

参考リンク

SBI証券の手数料無料ETFについては、以下のリンクをご参照ください。↓

楽天証券

国内ETF

楽天証券では、国内ETF103銘柄の売買手数料(現物・信用)が無料化されています。

私が保有している銘柄では、

  • iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF(1478)
  • NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)
  • MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)

が無料の対象となっています。

SBI証券と同様に、私の場合は1日に50万円以上購入することがないので、一日定額コースにしておけばどっちにしても無料です。

米国ETF

さらに、楽天証券では9銘柄の米国ETFの買付手数料が無料化されています。
買付手数料である点はSBI証券と同じですが、こちらはキャッシュバック方式ではなく完全に無料です。

私が保有している銘柄では、

  • VOO
  • RWR

が対象銘柄となっています。

参考リンク

楽天証券の手数料無料ETFについては、以下のリンクをご参照ください。↓

マネックス証券

国内ETF

マネックス証券では、5銘柄の国内ETFの現物取引手数料が実質的に無料になります。
ただし、税抜手数料のキャッシュバック方式なので、消費税分は負担する必要があります。

私が保有している銘柄では、

  • MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)

が実質無料の対象となっています。

米国ETF

さらに、マネックス証券では9銘柄の米国ETFの買付手数料が実質的に無料化されています。
買付手数料である点はSBI証券および楽天証券と同じですが、こちらは税抜金額のキャッシュバック方式なので、消費税分の負担は必要です。

私が保有している銘柄では、

  • VOO
  • DHS
  • DGRW

が対象銘柄となっています。

参考リンク

マネックス証券の手数料無料ETFについては、以下のリンクをご参照ください。↓

auカブコム証券

国内ETF

auカブコム証券では、100銘柄の国内ETFの売買手数料(現物・信用)が無料になっています。
こちらは、キャッシュバック方式ではなく完全に無料です。

私が保有している銘柄では、

  • iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF(1478)
  • NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)
  • MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)

が無料の対象となっています。

参考リンク

auカブコム証券の手数料無料ETFについては、以下のリンクをご参照ください。↓

まとめ

最後に各社の手数料無料ETFを簡単にまとめてみます。

証券会社 国内ETF 米国ETF
SBI証券 売買手数料無料(現物)
104銘柄
税込買付手数料キャッシュバック
9銘柄
楽天証券 売買手数料無料(現物・信用)
103銘柄
買付手数料無料
9銘柄
マネックス証券 税抜売買手数キャッシュバック(現物)
5銘柄
税抜買付手数料キャッシュバック
9銘柄
auカブコム証券 売買手数料無料(現物・信用)
100銘柄

 


※本ブログに記載されている内容はあくまで個人の感想です。
※本ブログは特定の銘柄や投資対象を推奨するものではありません。また、特定の証券会社等
を推奨するものでもありません。
※内容の正確性には十分注意していますが、完全に正確であることを保証するものではありません。また、内容は執筆時点の情報に基づいています。
※投資は自己責任でお願いします。
※写真はイメージです。本文とは関係ありません。