あおぞら銀行が2019年3月期の減配予想を発表…

投資

皆さま、おはようございます。にゃんこです。
昨日、あおぞら銀行が2019年3月期の業績予想&配当予想の下方修正を発表しました…
先日、あおぞら銀行を追加購入した時に「ここまで利回りが高いと、何か理由があるのかなって感じですね」と書きましたが、ちゃんと理由があったようです…
また、「仮に今後利益が減って配当性向に変更がないとすると、配当金が減る可能性がありますね…」とも書きましたが、早速その通りになったようです。(笑)
うーん、ネガティブな予想は当たっても嬉しくないなぁ…

ということで、最新の配当予想について確認してみたいと思います。
2019年3月期の期末配当の予想が、¥64(前回予想)→¥34(今回予想)へと下方修正されました。
この結果、2019年3月期の年間配当予想は、¥184(前回予想)→¥154(今回予想)の下方修正となりました。
配当金がおよそ16.3%の減少することになります。
昨日(2019/03/22)の終値(¥3,140)を使って、利回りの減少について確認してみたいと思います。
前回予想:184÷3,140=5.86%
今回予想:154÷3,140=4.90%
まぁ、下方修正しても十分高配当だとは言えますが…

なお、今回の下方修正の詳細については、以下のホームページをご覧ください。

ところで、今回の下方修正の発表は昨日の大引け後だったようなので、昨日の終値には反映されていないはずです。
そこで、来週月曜日の株価の参考としてPTSとADRの価格を確認してみたいと思います。
東証:¥3,140
PTS:¥3,012
ADR:¥3,073
PTSもADRも下げていますが、思ったほど激下げって感じでもないですね。
特に、2019/03/22のヨーロッパ&アメリカ市場は大きく値下りしたので、それに引きずられる部分があることも考慮に入れるとちょっと意外な感じです。
ある程度は既に織り込み済みってことでしょうかね?
PTSやADRの価格と翌日の東証の価格とが大きく異なるケースもあるので、どうなるかは分かりませんが…

さて、あおぞら銀行の発表によると、来年度も厳しい経営環境が見込まれるようです。
まぁ、現状の低金利ではそうでしょうね。
もともと長期投資の予定ですし、将来的な株価&配当の上昇を期待しつつ、がっつりホールドしたいと思います。

[template id=”1219″]