約20年ぶりの高値!、リスク管理、そして資産状況

資産状況

皆さま、こんばんは。にゃんこです。
今週も順調に日経平均が値上がりした1週間でしたね。

失われた20年

本日の日経平均株価は、終値で¥21,000を超えましたね!1996年以来みたいですね~
このニュースを見た時の私の感想は、

失われた20年だなぁ~

でした。( ´∀` )
もちろん、個人投資家としては株価が上昇するのは嬉しいです。
ただ、日本経済という観点で考えると、ようやく20年前の水準まで戻ったという考え方もできますよねー
この間にアメリカ株はどうだったのか気になったので、ちょっと調べてみました。
ざっくり言うと、ダウ平均株価は3倍以上に値上がりしてます!
やっぱり「アメリカにも投資したほうがよさそうだなぁ~」というのが正直な気持ちです。

リスク管理

さて、今週のもう1つの注目ニュースと言えば、神戸製鋼のデータ不正ですよね。
神戸製鋼の株価は暴落と言っていい1週間でしたね。
運よく私は神戸製鋼の株を持っていないのですが、所有者の方々はお気の毒としか言いようがありません。
情報分析力に限度がある個人投資家にとっては、こういうのは”避けようがない事故”のようなものだと思います。
株式投資にはリスクはつきものですが、それだけにリスク管理が重要だと改めて思いました。
現在、私は12銘柄の株を所有していますが、リスク管理のために20銘柄程度は所有したいと考えています。
なぜ20銘柄なのかというと、仮に1銘柄が破綻して株が無価値になったとしても5%の損失で済むからです。
5%の損失なら、なんとか耐えられそうです。
ただし、この考え方は、20銘柄の価値が均等であるという仮定のもとでしか成り立ちません。
極端な話、たとえ20銘柄所有していても、そのうちの1銘柄の価値が全体の50%で、その銘柄が破綻すると50%の損失ということになります。
ということで、現時点で所有している株の評価額の比率を計算してみることに。

ちょっと見難いグラフで申し訳ないのですが、最大はNTTドコモの19%、最少は双日・りそなの2%、というようにかなりばらつきがあります。
今後は、銘柄数を増やすこと、評価額のばらつきを減らすことも考慮して株を購入したいと思います。

保有銘柄

最後に、現時点での資産状況です。

  • 積水ハウス:200株
  • 双日:200株
  • JXTGホールディングス:300株
  • 日産自動車:400株
  • 伊藤忠商事:100株
  • 三井物産:100株
  • りそなホールディングス:100株
  • みずほフィナンシャルグループ:1100株
  • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス:500株
  • 池田泉州ホールディングス:200株
  • スカパーJSATホールディングス:300株
  • NTTドコモ:200株

今週は、みずほフィナンシャルグループを100株追加購入したので、合計1100株になってます。

評価損益

現時点での評価額は¥2,799,287、評価損益は¥188,387のプラスでした。
先週と比較して、評価損益は¥26,267の増加でした!

[template id=”1219″]